血圧を測定してもらう男性のイラスト

自分が高血圧なのか気になる方も多いでしょう。当サイトでは高血圧となる数値や検査方法についてまとめています。高血圧症は様々な病気を誘発する危険性がありますので、気になる方は早めに治療しましょう。

高血圧になる数値について

ストレス、運動不足や睡眠不足、そして栄養の偏りなどが恒常的となっている現代社会において、正常値より高い血圧の測定値となる高血圧症は、多くの人の頭を悩ませる問題となっています。
では、高血圧とはどの程度の数値が測定された場合を言うのでしょうか。
一般的には、収縮期血圧が140mmHG以上、拡張期血圧が90mmHG以上の場合を指すことと定義されていますが、この数値は年齢やどんな持病を持っているかにもよりますが持病の有無によっても差が発生します。
更に言えば、収縮期血圧と拡張期血圧の差や、それぞれの測定結果などでも違いがあるため、家庭での測定結果を持って自己判断をする事無く医療機関での診断を受けた上での判定が必要であると言えるでしょう。
運動の直後であったり、緊張感を感じた場合には高い測定値が出てしまうのです。
正確な診断を下す場合には、数日間にわたり同一の、そして正しい状態での計測が必要となり、更に測定された数値を既往歴や年齢などを考慮しなければ、高血圧であると診断することは出来ないのです。
例えば、高齢者の方はどうしても高めの測定値となりがちな傾向に有ります。
また、糖尿病や腎臓病、そして、脳血管や冠状血管に障害や持病を抱えている人の場合、一般的には通常範囲であると考えられる測定値であっても、他の疾患への影響を考えた場合には高血圧と診断される事もあるのです。
問題は、家庭などで測定した数値だけで判断するのではなく、年齢や持病、そして、測定した時の状況などを総合的に判断して診断を下す事が重要になるのです。
そして、高血圧と診断された場合には投薬などの治療によって一定の数値まで血圧を下げることが、健康な体で居続ける為には大切な事なのです。
◎高血圧には安全性の高いこの血圧降下剤を使ってみましょう
ペリンドプリルエルブミン